テーマ:裁判

家系図作成、観賞用は適法 最高裁、無資格者に無罪

家系図作成、観賞用は適法 最高裁、無資格者に無罪(47NEWS) http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122001000437.html  家系図作成が行政書士の資格を必要とする「事実証明に関する書類」に当たるかどうかが争われた刑事裁判の上告審判決で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「元祖長浜」を争う裁判、被告側は争う姿勢

「元祖長浜」を争う裁判、被告側は争う姿勢(産経ニュース) http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100901/trl1009011938008-n1.htm ラーメン激戦区として知られる福岡市中央区の長浜地区の「元祖ラーメン長浜家」が、近隣に開業した別の「元祖ラーメン長浜家」に商標権を侵害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK受信料、強制執行で初回収 不払いの1人から

NHK受信料、強制執行で初回収 不払いの1人から(47NEWS) http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010090301000710.html NHKが初めて強制執行で受信料の一部を回収したというニュースです。 『ほんとに強制執行をするぞ!』というNHKの姿勢を見せる意味と、見せしめ的な意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

借金取り立て、遺族の訴え退ける

借金取り立て、遺族の訴え退ける(日テレNEWS24 )※動画あり 遺書と取立てのハガキから始まった裁判、遺族の訴えは認められませんでした。消費者金融会社の違法な取立てのために父親が自殺したと遺族が訴えていた裁判で、裁判所は遺族の訴えを退ける判決を出しました。 これは4年前、北見地方に住む当時60歳の男性が自殺したのは消費者金…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「競業行為」で最高裁初判断

「競業行為」で最高裁初判断(読売オンライン) 実は、私への相談事でこの問題はトップ5に入るんです。 『今度会社を退職して独立するんだけれども、今までの取引先が今後もよろしくと言ってくるんですが...』 『今度同業他社へ移るんですが、お客さんを連れていっちゃまずいんでしょうか...』 司法書士事務所でも、入所時に『その事務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁

足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁(読売オンライン) 今日はまずはこちらでしょう。 おめでとうございます菅家さん。 佐藤正信裁判長は「旧DNA型鑑定に証拠能力はなく、自白も信用性がなく、虚偽であることは明らか。菅家さんが犯人でないことは誰の目から見ても明らか」として無罪を言い渡した。判決朗読後、佐藤裁判長は「菅家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妻が無断で受信契約は無効、NHK敗訴…札幌地裁

妻が無断で受信契約は無効、NHK敗訴…札幌地裁(読売オンライン)  NHKが札幌市内の男性に、4年4か月分の未払い受信料計12万1680円の支払いを求めた民事訴訟の判決が19日、札幌地裁であり、杉浦徳宏裁判官は、NHKの請求を棄却した。  受信料の支払いを巡る訴訟は、昨年7月に東京地裁がNHK勝訴の判決を出している。 NH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット上の中傷書き込みで名誉棄損罪確定 最高裁初判断

ネット上の中傷書き込みで名誉棄損罪確定 最高裁初判断(asahi.com) インターネット上で虚偽の内容で企業を中傷した男性会社員(38)について名誉棄損罪が成立するかどうかが争われた刑事裁判の上告審で、最高裁第一小法廷(白木勇裁判長)は男性の罰金刑を確定させる決定をした。15日付。第一小法廷は、ネット上の書き込みなら名誉棄損罪成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一票の格差「合憲」…昨年の衆院選で東京高裁

一票の格差「合憲」…昨年の衆院選で東京高裁(読売新聞) 議員1人当たりの有権者数の格差(1票の格差)が最大2・30倍に達した昨年8月の衆院選小選挙区について、選挙区によって1票の価値に差があり、選挙権の平等を保障した憲法に違反するとして、東京都と神奈川県の有権者3人が、東京、神奈川の選挙管理委員会に選挙無効(やり直し)を求めた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1票の格差:昨年衆院選、広島高裁も「違憲」 「2倍超、多数存在」

1票の格差:昨年衆院選、広島高裁も「違憲」 「2倍超、多数存在」(毎日jp)  「1票の格差」が最大2・30倍となった昨年8月30日投開票の衆院選は、法の下の平等を定めた憲法に反するとして、広島市中区の男性弁護士が広島1区の選挙無効を求めた訴訟の判決が25日、広島高裁であった。広田聡裁判長は「既に合理性を失った政策目的に基づく選挙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民法「300日規定」は合憲 賠償請求退ける…岡山地裁

民法「300日規定」は合憲 賠償請求退ける…岡山地裁(読売新聞) 岡山地裁であった。古賀輝郎裁判長は「300日規定は不合理とはいえない」などとして、女性の請求を棄却した。 なお、 その後、09年2月に現夫との親子関係が認められ、現在は子の戸籍は作成されている。 民法第772条第2項(嫡出の推定)の問題ですね、憲法違反…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司法書士法第三条第二項第二号の規定に基づく認定を受けた者の公告(法務省)

司法書士法第三条第二項第二号の規定に基づく認定を受けた者の公告(法務省) (官報 リンクは30日間有効) 9月1日に受験番号のみの合格発表のあった『司法書士法第三条第二項第二号の規定に基づく認定』の合格者の氏名が本日付の官報に公告されています。 同じ平成16年合格の友人の名前を見つけ、とりあえずメールでお祝いを! やれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンビニ強盗の男に懲役3年6月 長崎地裁「計画性高く危険、悪質」

コンビニ強盗の男に懲役3年6月 長崎地裁「計画性高く危険、悪質」(長崎新聞) 長崎地裁での裁判についての記事で、裁判官の発言の記載が 松尾裁判官は、田中被告が女性に金品を貢いで生活苦になった末に知人に貸していた金の返済を求めるため、司法書士の費用を得ようと犯行に及んだとして「動機はあまりに短絡的」と批判。「マスクで顔を隠し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more