テーマ:オンライン

相模原市の政令指定都市移行(平成22年4月1日)に伴うオンライン 申請の取扱いについて(依頼)

相模原市は本年4月1日付けをもって政令指定都市に移行し,同日から区制施行による行政区画の変更が行われます。 前記区制施行に伴う不動産登記記録(土地・建物)の表題部及び地図等の所在欄については,当局において,順次,職権で変更することとしていますが,膨大な物件データをコンピュータシステムにより変更する作業のため,同シス テムの制約等によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンライン登記申請件数の推移

オンライン登記申請件数(法務省) 21年度7月末までのオンライン登記申請の速報数が8月5日に発表されています。 速報値によると7月中のオンライン申請不動産登記が144503件、会社法人登記が32871件だそうです。 不動産は3月を山に一度下落しましたがまた6月7月と件数が増えています。 決済性のある売買や銀行担保権設定に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法務省オンライン申請システムの不具合

法務省オンライン申請システムの不具合についてのおわび(法務省) 正直参りましたよ、昨日は... よりによって、電子定款の認証の嘱託が2件、権利の登記が1件、一般社団法人の登記が1件とオンライン(登記)手続の予定が立て込んでいる日にシステム不具合が発生するなんて。 結局、昨日のお昼に送ったデータを公証人側で見ることができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子申告・納税の利用率が3割超

電子申告・納税の利用率が3割超(産経ニュース)  国税庁では、e-Taxの利用率を平成25年度までに65%に高めたい考え。利用者増加について、同庁は「システムを使いやすく改善したり、地道なPRを行ったことが奏功したのでは」としている。 いやいや実際のトコロそうではないのでは? 司法書士業界は、隣接業種の中でもダントツに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不動産オンライン申請の欠陥 その2

昨日からの続き... ○い○○地方法務局の、とある出張所の不動産登記担当の方(以下『法』)が、 (法)「これから補正のコメントを出すので補正書を提出して登録免許税を納付してください。それ以外の方法だと、印紙を持ってきていただくか、送っていただくしかないんですよ。」 (私)「はい?」 「10連件ですよ!それ全て補正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不動産オンライン申請の欠陥

先週末不動産登記のオンラインで10連件の申請をしました。 先週末は時間がなかったため本日登録免許税を納付しようと思い、オンライン申請にログインしたところ、 あれ... 『審査中』になっている... 『納付待ち』じゃない... そこで納付情報をクリックしてみると... 『納付済み』になってる! やったぁ~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンライン申請による登記事項証明書の取得

平成20年7月から全国の法務局の管轄する不動産の俗にいう登記簿謄本がオンラインで取得できるようになりました。 便利になったものです。 地図証明書もオンラインで取得できるのですが、これはまだ全国の一部の法務局のみなのです。 システムって難しいんですね。 本日、東京上の方にある法務局に不動産の権利登記の相談に行きました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不動産オンライン登記申請

司法書士業界は、オンライン登記申請に金銭的なインセンティブと準書面申請のような特例を設けることで他の隣接業種と比較してもダントツに手続きのオンライン化が進んでいます。 うちの事務所もオンライン申請の比率が高いのですが(やはり登録免許税最大△5000円はメリットが高い)、申請の連件数が増えるとこれが大変で大変で、今日は一日目が痛い一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more