テーマ:裁判所

大田区総合体育館建設:「マンション取得は違法」 住民、大田区を提訴 /東京

大田区総合体育館建設:「マンション取得は違法」 住民、大田区を提訴 /東京(毎日jp) http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20100622ddlk13040227000c.html 大田区総合体育館(同区東蒲田1)の建設を巡り、隣接していたマンションを区が取得したのは地方財政法・自治法に違反す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認証等用特殊用紙の導入についてのお知らせ

認証等用特殊用紙の導入についてのお知らせ(裁判所のサイト) http://www.courts.go.jp/about/topics/2206_2.html 平成22年7月1日から,裁判文書の正本のうち認証文言が記載されている用紙などに,偽造防止措置を施した用紙(認証等用特殊用紙)を使用することになりました。  ただし,簡易裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染の土地、売り主に責任なし 公社、最高裁で逆転敗訴

汚染の土地、売り主に責任なし 公社、最高裁で逆転敗訴(asahi.com) http://www.asahi.com/national/update/0601/TKY201006010263.html 宅地用に購入した土地に環境基準を超えるフッ素が含まれていたとして、東京都足立区の土地開発公社が売り主の化学メーカー「AGCセイミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホステス税額:非出勤日も控除対象 最高裁初判断

ホステス税額:非出勤日も控除対象 最高裁初判断(毎日jp) ホステスの源泉徴収税額を巡り、必要経費を考慮した基礎控除額の算定方法が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は2日、報酬計算期間の全日数分を控除できるとの初判断を示した。そのうえで「実際の出勤日数分しか控除できない」とした国税当局勝訴の1、2審判決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追い出し屋被害、家主にも賠償責任 姫路簡裁判決

追い出し屋被害、家主にも賠償責任 姫路簡裁判決(asahi.com) 家主の賠償責任を認めた判決は初だそうです。 近藤哲裁判官は同社によるドアロックなどを不法行為とし、家主側の使用者責任も認定。 家主側は管理会社に「違法な行為を委託していない」と主張したが、判決は「家主が取り立てなどを個別に委任した結果、管理会社が追い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

調停調書偽造の疑いで女を逮捕 大阪地検特捜部

調停調書偽造の疑いで女を逮捕 大阪地検特捜部(asahi.com) 銀行から5700万円が自らに支払われるとした民事調停が大阪地裁で成立したように装った偽の調書をつくり、借入先の知人に示したとして、大阪地検特捜部は24日、無職石本千衣子(ちいこ)容疑者(59)=大阪市生野区=を有印公文書偽造・同行使の疑いで逮捕した。石本容疑者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁護士と司法書士業務の境界線の解釈を判断せず 大阪高裁

気がつけば12日ぶりのブログでした。 サボってすいませんでした。 弁護士と司法書士業務の境界線の解釈を判断せず 大阪高裁(産経ニュース) サボっている間に、司法書士が弁護士と同様の債務整理などの裁判外代理権を認められた「訴額140万円以内」の解釈をめぐり、弁護士会と司法書士会の示す見解のどちらが妥当かが争われた訴訟の控訴審…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非嫡出子の相続格差規定、最高裁が合憲判断

非嫡出子の相続格差規定、最高裁が合憲判断(読売新聞) 法律上の夫婦の子と、婚姻届のない男女の子(非嫡出子)の間に遺産相続の格差を設けている民法の規定が、「法の下の平等」を定めた憲法に違反するかどうかが争点になった遺産分割裁判の特別抗告審で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は、「民法は法律による結婚を保護する立場を取っており、格差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賃貸マンション更新料京で問い合わせ相次ぐ

賃貸マンション更新料京で問い合わせ相次ぐ(京都新聞) 京都市の市民生活センターに寄せられた相談は、7月23日の京都地裁判決までの月平均が5件前後だったのに対し、その後の約1カ月は18件と急増し、8月27日の大阪高裁判決翌日には4件の相談があった。京都府消費生活安全センターは月2件程度だったのが、地裁判決後の約1カ月は7件になったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司法書士法第3条第2項第2号の法務大臣の認定(平成21年9月1日付け)について

司法書士法第3条第2項第2号の法務大臣の認定(平成21年9月1日付け)について (法務省) 今日の16時に今年の司法書士簡裁訴訟代理等能力認定の発表がありました。 考査受験者数(A) 1,493名 認定者数(B)   895名 認定率(B/A) 59.9% ちなみに法務大臣の認定の基準点 は、満点70.0点中40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賃貸更新料、高裁が無効判決のつづき

京都敷金・保証金弁護団のサイトで平成21年8月27日大阪高裁判決の全文が公開されています。 大阪高等裁判所にて,更新料支払条項を消費者契約法10条により無効とする判決が出ました。 平成21年8月27日弁護団声明もあります。 (では)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賃貸更新料、高裁が無効判決 「目的・性質が不明確」 

賃貸更新料、高裁が無効判決 「目的・性質が不明確」 (asahi.com) 賃貸更新料、2審の大阪高裁「無効」…借り主が逆転勝訴(読売新聞) 昨日ですが今話題になっている賃貸住宅の更新料に関する高裁の判決が出ています。 月末でバタバタしてるので月明けには時間を作って読みたいと思います。 最近はよく不動産屋さんともこの話題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更新料無効判決の全文が公開されています

京都、更新料訴訟でオーナーが全額返還(7/24IBTimesの記事) 過去のトピック 賃貸住宅の更新料「違法」と初認定…京都地裁(2009/07/23) 裁判所のサイトに更新料無効の判決の全文が公開されています。 http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090729130229.pdf …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判員「行かぬ」26%に減る…内閣府調査

裁判員「行かぬ」26%に減る…内閣府調査(読売オンライン) 裁判員候補者となった場合の対応について、14%は「義務か否かにかかわらず行きたい」、58%が「義務だからなるべく行かなければならない」と回答、計72%が参加の意思を示した。2006年に内閣府が実施した前回調査では65%だった。 理由は色々あるとは思いますが、8月に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判員の心のケア、5回まで無料に…最高裁

裁判員の心のケア、5回まで無料に…最高裁(読売新聞) 5月21日からスタートした裁判員制度ですが、東京では第一号は、東京都足立区の殺人事件で8月3~5日が正式に期日指定されたようです。 残念ながら、周囲で名簿に掲載されたという人の噂は全く聞きません。 それにしても精神的なストレスは、事件によっては相当なものになるとは思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺産払い戻し拒否は不当 ゆうちょ銀などに支払い命令 東京地裁

遺産払い戻し拒否は不当 ゆうちょ銀などに支払い命令 東京地裁(産経ニュース)  湯川裁判官は「遺族らは遺産分割で争っているわけではなく、遺族らの請求に従って法定相続分どおりの払い戻しをするべきだ」と指摘した。  判決によると、同行などは、顧客の女性が平成13年に死亡し、遺族らから法定相続分どおりの遺産の払い戻しを求められた際、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国初の裁判員裁判、8月3日初公判の整体師刺殺事件か

全国初の裁判員裁判、8月3日初公判の整体師刺殺事件か(読売新聞) 裁判員裁判:内定1号、8月3日に東京地裁で初公判(毎日jp) 5月1日に起きた殺人事件、これが裁判員裁判の一番最初のケースになるようです。 8月3日から3日間を予定しているそうです。 手続きが12日に終了した場合、裁判員候補者への呼び出し状は来週中に発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

契約の夫・受取人の妻同時死亡、生命保険は妻側相続人に 最高裁

契約の夫・受取人の妻同時死亡、生命保険は妻側相続人に 最高裁(日経) 同小法廷は判決理由で、「夫婦が同時に死亡した場合、夫やその親族は、保険金の受取人である妻の法定相続人にはならない。そのため、保険金を受け取る権利があるのは、妻の親族のみとなる」との判断を示した。 こういったケースで遺族の誰に保険金が支払われるかは保険会社に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判員制度:日当1万円は妥当? 高まる見直し論議

裁判員制度:日当1万円は妥当? 高まる見直し論議(毎日新聞) 5月21日にスタートした裁判員制度ですが、日当についての議論が始まっているようです。 (まぁその他にも問題は山積みですが) 制度が始まったばかりで、現時点では各党とも状況を見守る構え。政府の司法制度改革審議会の委員だった藤田耕三弁護士は「国民に負担をかけるのだか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more