テーマ:過払い

司法書士の報酬制限、先送り 過払い利息「あさり」問題

司法書士の報酬制限、先送り 過払い利息「あさり」問題(asahi.com) http://www.asahi.com/national/update/0626/TKY201006260221.html  日本司法書士会連合会は25日、報酬の上限設定を先送りする方針を明らかにした。債務整理にかかわる司法書士らの高い報酬やモラルの欠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過払い金請求に規則 福岡県司法書士会が制定 九州初

過払い金請求に規則 福岡県司法書士会が制定 九州初(西日本新聞) http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/175374 福岡県司法書士会は、依頼者への報酬の明示や誇大広告を禁止する規則を定めたそうです。 以下は福岡県司法書士会のページ [ 2011年5月31日 ] 第61回定時総会で「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被害総額は1300万円…司法書士横領

被害総額は1300万円…司法書士横領(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20100526-OYT8T00001.htm 過去のトピック ・業務上横領:過払い金横領の司法書士、起訴内容認める--地裁初公判 /富山(2010/04/23 18:05) 富山地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多重債務者「食う」弁護士、2次被害が続出

多重債務者「食う」弁護士、2次被害が続出(読売オンライン) 多重債務に苦しむ人が、債務整理や払いすぎた利息を取り戻す「過払い金返還請求」を巡り、弁護士らから高額な手数料を請求される「二次被害」が後を絶たない。  背景には、過払い金返還や債務減額で年間1兆円を超す「ビジネス市場」がある。相談者の生活再建より利益を重視する一部弁護士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日弁連が債務整理に関する自主規制を明らかに!弁護士のマル適マークを実施

日弁連が債務整理に関する自主規制を明らかに!弁護士のマル適マークを実施(サーチナ) 債務の整理にかかわる弁護士や司法書士の高額報酬や不祥事が問題化しているため、日本弁護士連合会等は新たな対策を検討している。弁護士、司法書士の債務整理、過払い返還に関する報酬が争点だ。そのほか、面談の原則や費用を載せることなどを決める。18~19日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日弁連指針は独禁法違反と弁護士 債務整理業務で申し立てへ

日弁連指針は独禁法違反と弁護士 債務整理業務で申し立てへ(47NEWS) 債務整理を望む依頼者との直接面談を求めた日弁連の指針は、弁護士間の自由競争を阻害し独禁法違反に当たるとして、東京都内の弁護士が、公正取引委員会に排除措置命令を出すよう近く申し立てることが21日、分かった。 申し立てることを明らかにしたのは、債務整理件数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

債務整理で和解金返還を怠った弁護士らを依頼人が提訴

債務整理で和解金返還を怠った弁護士らを依頼人が提訴(産経新聞) 引き受けた債務整理について依頼人に無断で和解を成立させたうえ、和解金を返還していないのは違法として、依頼人の北海道の男性会社員が、第2東京弁護士会所属の男性弁護士に和解金の返還を求める訴訟を東京地裁に起こしたことが18日、分かった。男性の代理人弁護士が会見で明らかにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司法書士会、報酬上限検討へ 過払い処理で問題化

司法書士会、報酬上限検討へ 過払い処理で問題化(asahi.com) 日本司法書士会連合会は23日、債務整理にかかわる司法書士や弁護士の高額報酬やモラルの欠如が問題化しているのを受け、報酬の上限設定を検討する方針を明らかにした。広告の指針も作る。6月の定時総会をメドに結論を出す見通しだが、カルテルとして問題視する可能性が高い公正取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司法書士が回収金着服(203万円 小矢部署が逮捕状請求)

司法書士が回収金着服(203万円 小矢部署が逮捕状請求)(読売新聞) 県司法書士会(山本英介会長)は3日、同会会員で小矢部市の司法書士の男(41)が、利息制限法の上限(年15~20%)を超える金利分を消費者金融から回収しながら、依頼人に全額を支払わず、約203万円を着服していたと発表した。小矢部署は同日夜、業務上横領の疑いで逮捕状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過払い利息返還請求:信用情報から削除、金融庁方針 業者「リスク判断に支障」

過払い利息返還請求:信用情報から削除、金融庁方針 業者「リスク判断に支障」(毎日jp) 貸金業界からは「過払い利息返還請求の履歴がある人は返済できないリスクが高い。削除すると正確な与信判断ができない」と反発しているが、金融庁は「信用情報とは支払い能力に関する情報であり、返還請求の有無は信用情報にはあたらない」として、JICCに履歴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレーは黒か?

再生中のクレディア・フロックスの親会社であるネオラインキャピタル株式会社から「全国青年司法書士協議会並びに静岡青年司法書士協議会への要望事項並びに質問事項について」が6月19日付でHPに公開されています。 http://neolinecapital.jp/ 内容は、ざーっと見てみたものの何が目的なのかよくわかりませんが、過払…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国初、過大広告防止へ文言制限 県司法書士会

全国初、過大広告防止へ文言制限 県司法書士会(神戸新聞) 兵庫県司法書士会の広告規定に関するページ まず兵庫県司法書士会から始まりました。 業務広告をチラシでまいたりする行為に加え、「相談無料」・「過払金100%回収」などの文言を禁止し,誤解を与えるような広告を自粛することとしました。 チラシでまいたりする行為?これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more