テーマ:税金

二重課税で注目される国税の判断 他の保険商品に影響か

・二重課税で注目される国税の判断 他の保険商品に影響か(47NEWS) http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010070601000870.html 年金形式で生命保険金を遺族が受け取った場合に、所得税を課すのは相続税との二重課税との判断を最高裁が6日示したことで、対象となった商品だけでなく、他の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成20年分の相続税の申告事績について

平成20年分の相続税の申告事績について(国税庁) http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2009/sozoku_sinkoku/index.htm ポイント * ○ 相続税の課税対象となった被相続人は約4万8千人で、被相続人全体に占める割合(課税割合)は4.2%となっています。 * ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通事故被害「症状固定後も保険金を」

交通事故被害「症状固定後も保険金を」(ヨミウリオンライン) 国保負担の町田市、損保を提訴へ 交通事故被害者の治療費負担を巡り、東京都町田市は、傷病の回復が見込めない「症状固定」を理由に保険金支払いを打ち切った大手損害保険会社を相手取り、損害賠償を求めて東京地裁に提訴する方針を決めた。 国保法では、交通事故など第三者の行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「土地登記ミスで10倍課税」=差額支払い求め、男性提訴-新潟地裁

「土地登記ミスで10倍課税」=差額支払い求め、男性提訴-新潟地裁 訴状によると、男性の所有地面積は115.7平方メートル(35坪)だが、登記簿には1157.02平方メートル(350坪)と記載。これに基づき、2006年まで実際納税すべき額の10倍に当たる固定資産税が課税された。2007年2月、記載ミスが見つかり、正しく登記し直された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会社法の悪用事例

同名登記で差し押さえ逃れ 愛知・春日井市の税滞納会社(日中新聞) 会社法の施行により類似商号の厳しい規制がなくなり、同一・類似する商号の会社を作りやすくなったことを悪用した事例。 関係者や不動産登記簿によると、同社は1996-97年の法人税や、同じころの消費税などを滞納していたとみられるが、それを返済中の07年1月と4月、同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

贈与税減免で合意、非課税枠を最大610万円まで拡大=与党税制協

贈与税減免で合意、非課税枠を最大610万円まで拡大=与党税制協(ロイター) 贈与税の減税として、2年の時限的措置で居住用住宅に限定して非課税枠を500万円上乗せし最大610万円までにする案らしいです。 居住用の住宅の購入資金の贈与を受ける場合のことを言っているんですかね。 そうでないと、不動産登記の件数の増加にはつながると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無責任な飼い主減らせ、自民議連が「ペット税」導入論

今日で平成20年も終わりですね。 晴天でよかったです。残りの大掃除をしなければと思いつつ朝からパソコンに向かっているPC中毒です。 サイトの更新もしなければ... 先日の読売新聞の紙面にも掲載されていましたが、こんな議論もあるそうです。 無責任な飼い主減らせ、自民議連が「ペット税」導入論 (読売新聞) ペット税の税収は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮登記の本登記

所有権の2号仮登記を本登記にするのです。 登録免許税法では、所有権の移転の仮登記(1,2号)で原因が相続・法人の合併・共有物の分割以外の場合は不動産の価額の10/1000(本則の1/2)となっております。 しかし売買による土地の所有権移転の登録免許税は、租税特別措置法により10/1000です。 (平成21年3月31日まで) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一般社団法人の設立準備に向けて

最近ちらほら一般社団法人の設立や定款について問い合わせが多くなってきたので事務所のサイトに一般社団法人のページを設けました。今後どんどん拡大していく予定です。 (サイトはこちら) やはり皆さん一番興味があるのは課税関係のようですね。 財務省で法人の税金関係について分かりやすく説明しているサイトがあります。 こう見ると無理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more