札幌の司法書士 依頼放置で処分 法務局、業務停止2年

札幌の司法書士 依頼放置で処分 法務局、業務停止2年(北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/285963.html

処分は8日付。札幌司法書士会によると、この司法書士は2006年に依頼人から消費者金融8社への債務整理などを引き受け、うち3社と和解し過払い金計約160万円の返還を受けたが、これを自分の預金口座に入れたまま約10カ月~2年間、放置した。
 また、依頼人が訴えられた訴訟に対応せず、消費者金融側の主張が認められ依頼人が敗訴した。


官報(4/18付)の司法書士懲戒処分公告はこれかな
(なおこのリンクは掲載日から30日間のみ有効です)
http://kanpou.npb.go.jp/20110418/20110418h05538/20110418h055380011f.html


このブログ、書いたものの掲載するの忘れてました..


債務整理に限らずですが、

依頼を受けて、それを放置する司法書士の気持ちが全く理解できないです


小心者なので、少しでも間を開けてしまうと申し訳なくて、


業務停止2年間が重いか軽いかは別にしても

業務放置が約10カ月~2年間、そりゃほっとき過ぎ。


(では)
損をさせない司法書士 小林彰

"札幌の司法書士 依頼放置で処分 法務局、業務停止2年" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。