つなぎ法案:租税特別措置、谷垣総裁が賛成示唆

つなぎ法案:租税特別措置、谷垣総裁が賛成示唆(毎日jp)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110311k0000m010071000c.html

民主党の安住淳国対委員長は10日の与野党国対委員長会談で、11年度予算関連法案のうち、3月末に期限が切れる租税特別措置と子ども手当を暫定的に延長する「つなぎ法案」を議員立法で提出する方針を正式に伝えた。野党側は態度を保留したが、自民党の谷垣禎一総裁は同日の記者会見で「国民生活や経済取引の無用な混乱は回避しなければいけない」と述べ、租税特別措置を3カ月延長するつなぎ法案には賛成する考えを示した。


確か2年前もこんな風にごたごたしていた気がする。
租税特別措置法は、登記の登録免許税で登記業務にも直結なので
早い段階で何とかして欲しいものです。


いずれにせよ、土地の売買による所有権移転登記の登録免許税の
税率が平成23年4月1日から13/1000になるので、業務に影響は大です。
(平成22年3月31日までは10/1000)


わずかな差ですが、課税価額が大きくなるとその差はとても大きいんです。


これからしばらくは費用のお見積りに注意が必要ですね。
オンライン申請の減税の問題もありますし(T_T)


(では)
損をさせない司法書士 小林彰

"つなぎ法案:租税特別措置、谷垣総裁が賛成示唆" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。