逆転無罪の前は...

もう一つのトピックは、逆転無罪の判決をのぞきに判例検索システムに行ったら、3月24日付で興味深い最高裁の判決が出ていました。

持分権移転登記手続請求事件

相続人のうちの1人に対して財産全部を相続させる旨の遺言がされ,当該相続人が相続債務もすべて承継した場合,遺留分の侵害額の算定においては,遺留分権利者の法定相続分に応じた相続債務の額を遺留分の額に加算することは許されない

判決文も分かりやすく、相続分の指定と債権者の関係にも触れつつよくまとまっているなという感じです。
司法書士試験の勉強をされている方などイメージがしやすく読んでみると面白いと思います。


(では)

"逆転無罪の前は..." へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。