目の前で起きた事故

危ない!


どんっ!!




先日、いつもの美容院に家族で髪を切りに行きました。

いつものことですが、まず子供をカット、その後私がカット。
そして私のカット中は子供たちは近くのイオンと商店街にお買い物。
月に一度のありふれた風景です。


日曜も同じように、まず長女がカットすることに。
いつもと違ったのは、お客さんがいっぱいだったので
お店の道路側に特等席を作ってカットすることになったこと。


私は外が良く見える長女の向かいに座り、『宇宙兄弟』の単行本を読んでました。

読み始めて、少しすると、




危ない!


どんっ!!



「危ない!」の声に驚いて外を見たら、お店のガラス越し私の正面で
「どんっ!」原付が子どもの背中に衝突したのです!!


すぐに店外に飛び出し、子どもをお母さんと一緒に道路脇に慎重に移動させ、
お店の店長に警察と救急車を呼んでもらいました。
お店のスタッフの方々の対応も迅速でお見事。


警察と救急車が来るまで、事故にあったこどもの様子を気にしながら、
加害者と子どものお母さんとの連絡先の交換のお手伝いをしていたら、
間もなく救急車、その後警察も到着。


歩道のない道路を歩いていた親子が、後ろから来た原付を避けるため
お母さんは右に避け、子供は左に避けたところ
二人を避けるため原付が避けた方向と子供が避けた方向が同じでぶつかったようです。


原付のスピードがゆっくりだったこともあり、
被害者の子どもの怪我が軽かったようで良かった。



最近、携帯電話の操作に夢中で子供の手を離して歩くパパママをよく見かけます。

子どもはどういう行動をとるか全く予想がつかないです。
道に落ちてる石ころを拾いに急に走り出すし、友達を見つけても走り出す。
子どもはそういう生き物なんです。

目を、手を離しちゃだめなんです。
何かあってから後悔しても遅いです。


と、書きながら自分にも言い聞かせています。
みなさん気をつけましょうね。

新入学児童らの事故防止へ/県警が交通安全活動

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック