司法書士法違反:委任を受け、登記申請 容疑者を逮捕--島原署など /長崎

司法書士法違反:委任を受け、登記申請 容疑者を逮捕--島原署など /長崎(毎日jp)
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20110203ddlk42040491000c.html

 島原署などは2日、司法書士でないのに、他人の委任を受けて業として登記申請したとして南島原市有家町大苑、農業、植田哲二容疑者(54)を司法書士法違反容疑で逮捕した。容疑を認めており、同署は植田容疑者が報酬を受けていたとみて調べている。

法務局が把握しているだけで約80回! よくそんなに野放しにしてたな~
刑事訴訟法
第二百三十九条  何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。
2  官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。


かんり【官吏】
1 国家公務員のこと。役人。官員。「―登用」
2 明治憲法下で、天皇の大権に基づいて任命され、国家に対し忠順かつ無定量の公務に服した者。高等官および判任官をさす。(「大辞泉」より)
こうり 【公吏】
地方公務員の旧称。吏員。(「大辞林」より)


司法書士法違反については、司法書士の内藤卓さんが面白い記事を書いてます。
http://blog.goo.ne.jp/tks-naito/e/814231af273a1b71ff2bc99c3f722859

特に会社関係の登記手続きで後で困ったことになってしまうことも多々あります。
後で困らないようにちゃんとしたいものですね。

(では)
選ぶなら損をさせない 熱き心の司法書士 小林 彰

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック