確認会社の登記事項証明書をオンラインで取得できる?

本日ある会社のクライアントさんの登記事項証明書をオンライン申請で請求し、
法務局で受け取ろうと思い手続を進めていると、

登記の処理中のため取得できません」(簡略)

とのメッセージがでました。



なぜ?
実はこの会社、今はなき、俗に言う『確認会社』だったのです。
以下 wikipediaより
もともとは、株式会社について最低資本金の定めがなかった。1990年から2006年にかけて、最低資本金制度(株式会社1,000万円以上など)が導入されたが、弊害が大きく(さらに小規模な場合には最低資本金300万円の有限会社や、最低資本金の制限がない合資会社、合名会社にする必要があった)、2003年から一定の条件(設立5年後までに最低資本金まで増資する)付きで「確認会社」という形で会社が設立できるようになり、2006年5月1日より施行の会社法で最低資本金制度が廃止され、既存企業の資本金をも1円にできるようになった。


この会社はすでに設立から5年が経過しており解散状態なわけです。


ただ、「登記の処理中」っていうのはおかしい!と思い、管轄の法務局の法人係へ連絡すると、

法 「(5年経過して)解散している状態の確認会社は、印鑑証明書を出すことが
できないので、システム処理上ロックをかけているので、オンラインでの請求は
できないんです。窓口で請求してくれれば取れますよ。」


とのこと。
そういう取り扱いだったんですね。


うちのクライアントさんで確認会社はいくつかあるんですが、どの会社さんも
5年経過前に解散事由を廃止する手続をされてるので全くこの取り扱いを
知りませんでした。勉強になりました。


「期限のある登記手続きはお早めに!!」
5年満了されている確認会社さんで継続されたい方はご相談ください。


(では)
選ぶなら損をさせない 熱き心の司法書士 小林 彰

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック