東京四青会合同研修会『数字相続と時効取得の判決による登記』

昨日12/1は渋谷区立商工会館で開催された、東京四青会合同研修会『数字相続と時効取得の判決による登記』に参加しました。講師は司法書士です。

東京四青会とは、若手の弁護士・税理士・司法書士・土地家屋調査士(平成22年より加入)の団体の集まりだそうです。以前は三青会でしたが、調査士が参加し四青になったそうです。



内容は、現役の司法書士向けというよりは、業界に入りたての方や司法書士業界以外の方向けのものが80%くらい。興味のあった時効取得の判決による登記に関するところは時間や構成の関係かあまり深い話はありませんでした。参加者等色々ご事情はあるとは思いますが、ちょっとテーマと内容が合っていないかなというのが正直な感想ですね。


今日は東京司法書士会大田支部の支部セミナーに参加します。
テーマは確か最近いたるところの司法書士セミナーで取り上げられている「司法書士の懲戒事例について」。
実際このテーマのセミナーに参加するのは初めてなのでどんな内容か楽しみです。


(では)


選ぶなら損をさせない 熱き心の司法書士 小林 彰

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック