「上場会社の失敗事例と種類株式」

東京司法書士会千代田支部
平成22年度第2回千代田支部セミナー

「上場会社の失敗事例と種類株式」
講師:金子登志雄司法書士


先週末の金曜日は東京司法書士会千代田支部のセミナーに参加しました。
最近この手のセミナーは非常に人気が高く、特に著名な金子登志雄さんが講師とあって会場は人で溢れていました。

内容は、計算が苦手な司法書士向けの懇切丁寧な登記の絡む手続きについての説明が前半あり、後半は種類株式について実際の登記の事例を交えながらの講義でした。
後半の方が面白かったですね。


その中の話の中で面白かったのが金子登志雄さんは新聞や官報の公告をみて、「この公告おかしくないか?」と思ったら、その企業にメール等で連絡をしているという話。
ほとんどの企業が返答はないようですが、それがきっかけ(?)で簡易手続から正規の手続きへ変更になった例もあったそうです。
その行動力がすごいですね。

セミナー後は神保町の駅に直結の友人が厨房で働くトラットリア パパミラノ 神保町店で司法書士仲間と11時過ぎまで様々な情報交換を楽しみました。
十分過ぎるほどの友人サービスの提供を受けてしまい大変恐縮です。どうもありがとうございました。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック