29年ぶり常用漢字見直し、196字を追加

・29年ぶり常用漢字見直し、196字を追加(読売オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20101130-OYT8T00165.htm

・30日告示 改定常用漢字表一覧(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/special/joyokanji/

 政府は30日、現行の常用漢字表から5字を削除し196字を追加するなどした「改定常用漢字表」(2136字)を内閣告示する。

官報での告示はこちら(リンクは30日間のみ有効です。)
〇内閣告示第二号
一般の社会生活において現代の国語を書き表すための漢字使用の目安を、次の表のように定める。
なお、昭和五十六年内閣告示第一号は、廃止する。
http://kanpou.npb.go.jp/20101130/20101130g00250/20101130g002500007f.html


常用漢字の見直しはついに今日告示です。
『悪魔』くん騒動のような、子の名前にふさわしくない漢字をしようとする問題がまた起きることを懸念する声も大分あるそうですね。きっとあるんでしょうね。

子供の方がまず長生きするわけですから、将来子供が自分の名前が付けられたストーリーを胸を張って人に話せるような命名をして欲しいものです。

(では)

損をさせない熱き心の司法書士 小林 彰

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック