司法書士が2100万円を着服容疑 静岡地検が逮捕

司法書士が2100万円を着服容疑 静岡地検が逮捕(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20101014/CK2010101402000141.html

 判断力の衰えた高齢者らの財産管理を代理する成年後見人の立場を利用し、女性の口座から現金を着服したとして、静岡地検は13日、業務上横領の疑いで、静岡市葵区千代田、司法書士の生田俊美容疑者(57)を逮捕したと発表した。


またも不祥事です。

 同会の早川清人会長は会見で「成年後見制度の根幹を揺るがす許し難い行為。十分に検証して再発防止に努めます」と語った。

周囲ではあまりこういった多くの財産を保有されている方の後見業務の話は正直聞きません。
どちらかというと限られた財産内でどうやってやっていこうかと四苦八苦されてい方が多いかな。

債務整理でもそうですが、今までの司法書士業務では多額の金銭を預かるという行為はほとんどなかったはずです。
一時的に高額の登録免許税分を預かるくらいじゃないでしょうか。

ともかくどうやって再発防止に努めるのかということが大切ですね。
とはいえ結局厳罰化しかないのかな。



(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック