税理士業務に弁護士続々参入 金沢弁護士会 会員増にらみ生き残り図る

税理士業務に弁護士続々参入 金沢弁護士会 会員増にらみ生き残り図る(北國新聞)
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20100830103.htm

 金沢弁護士会所属の弁護士が税理士業務などに職域を広げ、新たなサービスを展開する動きが増えてきた。弁護士の人数が増える一方で事件数が限られる法曹界。これまでの枠にとどまらず、取り扱い業務の幅を広げ、専門性を磨いて差別化を図る試みで、生き残りを意識して新たな道を模索する流れは今後も強まりそうだ。


へぇー
という感じです。

私は、餅は餅屋、専門家はその道のスペシャリスト。それぞれ抜きんでた専門分野を持っている人とタッグを組んで、サービスを最大化にしていきたいと考えているのでこの発想は思い浮かばないですね。

もちろん最低限の広い知識は道案内に必要ですし、自分の専門性を広げるために必要な分野はどんどん深く勉強したいと思います。
さてこういった弁護士の台頭が吉と出るのか凶と出るのか、楽しみですね。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック