京の通り名不要!?ネットで地図検索できず

京の通り名不要!?ネットで地図検索できず(読売オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100720-OYT1T00643.htm?from=y24h&from=yoltop

 「上(あが)る」「下(さが)る」「東入(い)る」「西入る」と、通り名を起点に場所を示す京都市中心部の住居表示が、岐路に立たされている。京都独自の伝統的な表記だが、標準化の進むインターネットやカーナビゲーションの大半は通り名が不要なものとみなされ、入力しても地図検索ができない状態。

京都はとても好きな都市のひとつですが、住居表示については、某大手消費者金融Aのおかげで苦労されられたものです。『入る』は普通に「はいる」かとこの記事を見るまで思っていました。
独特な住居表示ではありますが、これも古都の文化の一部と考え、残す方向で進めて欲しいですね。


話は変わりますが、私の本籍は24歳くらいまでは、京都府京都市北区紫竹にありました。運転免許証を取る際などわざわざ郵便で請求し不便したものです。ただ、こんなことでもちょっとした愛着の理由になったりしますね。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック