大阪府:「貸金業特区」政府に正式提案

大阪府:「貸金業特区」政府に正式提案(毎日jp)
http://mainichi.jp/life/money/news/20100707k0000m020069000c.html

大阪府は6日、改正貸金業法の規制を緩和する構造改革特区の設置を政府に正式提案した。年20%の上限金利や、個人の借入総額を年収の3分の1に制限する「総量規制」を一部緩和する一方、債務者の支援機関を府が設置し、規制緩和と多重債務対策を両立させる内容。

確かに今回の改正貸金業法によりヤミ金拡大の恐れがあることも確かですし、総量規制についても個人で事業をやっている方からはどうなるんだ?というお話を聞くことも多くなりました。
多重債務対策はとても大切なんですが、確かに今回の改正は安易な規制っていう意見もわかるような気が...

ただ確かに今回の特区案だと指摘があるとおり、地域で刑罰が異なる結果になってまずいですよね。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック