更新料「無効」判決にすくむ賃貸住宅業界、礼金やハウスクリーニング代に波及も

更新料「無効」判決にすくむ賃貸住宅業界、礼金やハウスクリーニング代に波及も(東洋経済)
http://www.toyokeizai.net/business/industrial/detail/AC/9f3b9ef62aefd8b93dd304ccfbc1ef12/

こちらの記事は、拝読している 司法書士内藤卓のLEAGALBLOGで見つけた記事です。


最近不動産業者の友人と一緒にいる機会が多いせいか、賃貸業界の話をよく耳にします。
何度かこのブログでも取り上げてきた更新料無効を含めた賃貸問題ですが、確かにこの記事は比較がしやすい読みやすい記事ですね。(比率の問題など何ベースでの80%何だかわからないところもありますが)
東京で更新料が65%程度っていうのは、私の感覚(イメージ)からいうと、意外と少ないなといった感じです。


いずれにせよ、これからは大家さんの言いなりに支払うのではなく、まずは自分の苦しい懐事情を話して、要相談と言ったところでしょうか。ただ、高裁判断は3対1で無効優勢ですので、来年に向けての最高裁の判決が出ると話は変わってくるでしょうね。


しかしながら、大家さんにはいまだに『貸してやってる』といった多少横柄な方も多くいらっしゃいますので、今後の賃貸業のスタンスを考えるのにはいい機会なのかもしれません。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック