平成20年分の相続税の申告事績について

平成20年分の相続税の申告事績について(国税庁)
http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2009/sozoku_sinkoku/index.htm

ポイント
* ○ 相続税の課税対象となった被相続人は約4万8千人で、被相続人全体に占める割合(課税割合)は4.2%となっています。
* ○ 相続税の課税対象となった財産価格(課税価格)は10兆7,248億円、税額は1兆2,504億円で、課税価格は前年よりやや増加し、税額はやや減少しています。
* ○ 相続財産の金額の構成比は、土地が49.6%、現金・預貯金等が21.5%、有価証券が13.3%となっています。



被相続人数の推移のグラフなど、業務上、相続に関するセミナーやプレゼンに使用できる資料が多いので助かります。
相続に関しては、皆さんの頭に税金に関する不安がまず浮かぶようで、税理士との連携は必須だと日々思い知らされます。連携は多くの信頼できる税理士ととっていますが、さらに色々な専門家と連携をとっていきたいですね。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック