業務上横領:過払い金横領の司法書士、起訴内容認める--地裁初公判 /富山

業務上横領:過払い金横領の司法書士、起訴内容認める--地裁初公判 /富山(毎日jp)

消費者金融から取り戻した払い過ぎた利息(過払い金)を横領したとして、業務上横領罪に問われた小矢部市東福町の司法書士、山田陽一被告(41)の初公判が20日、富山地裁高岡支部(前沢久美子裁判官)であった。山田被告は起訴内容を認めた。

一方、富山地方法務局は、山田被告の聴聞を22日に開く方針を決めた。聴聞後、法務局が司法書士としての山田被告を処分するとみられる。


以前から取り上げている話題ですが、横領したお金はデリヘルで使ったようです。
とんでもない話です。

ただ、こういったケースでも法務局に懲戒権があるというのはどうなのかなと思ってしまいますがどうでしょうか?
法務局の管轄する業務(登記・供託など)であれば当然なんでしょうけど、業務禁止以外は司法書士会の自治の懲戒権でよいのではという考え方も一理あるような気がします。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック