富士通、口止め料2億7千万円 辞任取消要求の野副元社長明かす

富士通、口止め料2億7千万円 辞任取消要求の野副元社長明かす(産経ニュース)

富士通の元社長で辞任の取り消しを求めている野副州旦氏側は22日、富士通が同氏に相談役として10年間で総額約2億7000万円の報酬を与えると約束していたことを明らかにした。野副氏側が同日、富士通に送った公開質問状で明らかにした。野副氏側は、解任の「口止め料」だったとしている。

どんどん泥沼化を見せる富士通問題の続報です。

今回のケースとはまた別問題ですが、商業登記を扱う司法書士としても、あとあとこういった大問題に発展する可能性を考えると『辞任届』を実印+印鑑証明書にするくらいの確認が必要になってくるのかなと思ったりします。



(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック