「過払い金」相談、弁護士の安直面談が横行…日弁連、指針強化

「過払い金」相談、弁護士の安直面談が横行…日弁連、指針強化(読売新聞)

過払い金返還請求に関する弁護士と依頼者のトラブルを防ぐため、日本弁護士連合会(日弁連)が依頼者との面談などを義務づけた指針を設けたのに対し、その趣旨に反する行為が相次いでいる。面談をほかの弁護士に任せたり、時間を惜しんで空港内の喫茶店で面談を済ませたりするケースがあるといい、日弁連は指針強化に乗り出した。

面談を他の弁護士に依頼するといった行為は、以前であれば考えられないんでしょうね。
たた、弁護士の数が多くなってくれば小銭を稼ぎたい人も増えてくるでしょうから需要も出てくるんでしょうね。
専門家は、一般の方から見ると物申しにくい存在ですから、専門家サイドが最大限の配慮をしなければいけません。

司法書士でも同じようなことをやっている人はいないのだろうか...心配ですね。

弁護士会も司法書士会ももっと苦情受付窓口を拡大すればよいのではないでしょうか。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック