地で行く“カバチ” 鳥取の行政書士を非弁活動で告発

地で行く“カバチ” 鳥取の行政書士を非弁活動で告発(産経ニュース)

 鳥取県内の行政書士が弁護士資格を持たないのに示談交渉を行った疑いがあるとして、大阪弁護士会は14日、弁護士法違反(非弁活動)の罪でこの行政書士を大阪地検特捜部に告発したと発表した。

『特上カバチ!!』問題や、司法書士事務所「アヴァンス法務事務所」(大阪市)問題で話題の大阪弁護士会は鳥取にも目を光らせているようです。
記事によると、行政書士は「交渉ではなく提案だった」と弁明しているそうです。
その弁明はどうかと...


ちなみに上記のアヴァンス法務事務所は非弁行為を行った職員は、補助者登録をしていなかったそうです。
「補助者」の届け出なし アヴァンス「非弁あたらず」(asahi.com)


こういったご時世ですから、どういった判断が下されるか興味シンシンです。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック