日弁連指針は独禁法違反と弁護士 債務整理業務で申し立てへ

日弁連指針は独禁法違反と弁護士 債務整理業務で申し立てへ(47NEWS)

債務整理を望む依頼者との直接面談を求めた日弁連の指針は、弁護士間の自由競争を阻害し独禁法違反に当たるとして、東京都内の弁護士が、公正取引委員会に排除措置命令を出すよう近く申し立てることが21日、分かった。

申し立てることを明らかにしたのは、債務整理件数が国内最大規模の「法律事務所MIRAIO」(旧法律事務所ホームロイヤーズ)代表の西田研志弁護士。



申し立てることを明らかにしているのは、昨年出版した本でも話題となった旧法律事務所ホームロイヤーズの西田研志弁護士です。

私のモットーは面談での相談・受任ですが、この過払いに絡む問題は、そのまま司法書士業界に波及していく可能性がが高いので動向に興味があります。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック