登記識別情報通知書のシールのはがれ方が不完全である場合の取扱いについて(重要なお知らせ)

登記識別情報通知書のシールのはがれ方が不完全である場合の取扱いについて(重要なお知らせ)(法務省)

登記識別情報を記載した書面(登記識別情報通知書)の登記識別情報を記載した部分を見えないようにするシール(目隠しシール)の一部のはがれ方が不完全であることにより,登記識別情報の一部を読み取ることができない状態になる場合があるという事象が発生しております。御迷惑をお掛けして申し訳ございません。
このような事象が発生した場合の対応策として,当該登記識別情報通知書を添付して申出をしていただき,登記識別情報を再作成する手続を設けることとしましたので,お知らせします。



ついに重い腰を上げたかといった感じです。
だいぶ前から登記を代理する司法書士の中では問題になっており、何度も法務局に取り扱いについてなんとかならないかと伝えていたのですが...やっとという感じです。

ただ、こういった不祥事が続いていると、善処する対応であっても、判断が遅いといった悪い印象を与えかねません。
法務省課長補佐、朝の通勤電車で痴漢容疑(読売新聞)
法務省広島矯正管区の課長、酔って車ける(読売新聞)

まぁ、触っちゃいけませんし、蹴ってもいけません。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック