相模原市の政令指定都市移行(平成22年4月1日)に伴うオンライン 申請の取扱いについて(依頼)

相模原市は本年4月1日付けをもって政令指定都市に移行し,同日から区制施行による行政区画の変更が行われます。
前記区制施行に伴う不動産登記記録(土地・建物)の表題部及び地図等の所在欄については,当局において,順次,職権で変更することとしていますが,膨大な物件データをコンピュータシステムにより変更する作業のため,同シス
テムの制約等により,変更作業が完了するまでの期間が,1~4か月ほど要することとなります。
このことから,前記作業が完了するまでの間,不動産の所在について変更がされている物件とされていない物件が混在する状況が生じることとなり,オンラインによる登記申請又は証明書の送付請求をされる場合に,物件情報が特定
されず,「該当なし」との表示がされる場合が生じます。
そのため,上記作業が完了するまでの間において,オンラインにより筆記申請又は証明書の送付請求される場合の物件情報の入力は,「オンライン物件検索」機能を利用し入力しlていただくか,「物件情報直接入力」により入力される場合には「不動産番号」で入力を行っていただくよう,貴会員に周知方よろしくお取り計らい願います。


平成22年3月16日付横浜地方法務局首席登記官からの依頼です。
『該当なし』と表示されると結構へこむので注意しましょうね。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック