全国初“イクベン”支援します 第二東京弁護士会

全国初“イクベン”支援します 第二東京弁護士会(47NEWS)

育児する弁護士“イクベン”を支援します―。第二東京弁護士会(川崎達也会長)は10日、男女を問わず子育て中の会員弁護士を対象に、一般会費(月額2万500円)を6カ月分免除することを決めた。来月1日からスタートする。
二弁によると、男性を含めた育児支援制度の創設は全国の弁護士会で初めて。育児に積極的な男性の通称「イクメン」になぞらえ「弁護士業界にも『イクベン』の言葉を広めたい」としている。



子どもが2歳になるまでの任意の6カ月を選んでよいようです。
ぜひ東京司法書士会もよろしくお願いします。子育てを応援するなんて発想ないかな、司法書士会には...

育児に積極的な男性の通称「イクメン」、弁護士が『イクベン』なら、司法書士は...『イクショシ』?
いやいやこれは、流行らない。


(では)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック