虚偽の法人登記の疑いで男を逮捕 静岡

虚偽の法人登記の疑いで男を逮捕 静岡(産経ニュース)

他人の会社を自分名義にするため、偽造した印鑑を使い不正に法務局職員に登記簿を書き換えさせたとして、静岡中央署は23日、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、東京都新宿区の不動産会社役員、山盛実成容疑者(59)を逮捕した。

同署によると、山盛容疑者は犯行後、同社所有の土地を売却し、数億円の利益を得ていたという。


怖い...
会社の役員変更について、偽造した印鑑で法務局に不正に同社の登記簿を書き換えさせた疑いがあるとのことなんですが、法務局側も役員全員が辞任するような登記申請については、法務局から文書を送付するなどのの手段によって会社側に確認をとる取り扱いになっているはずです(会社の知らないうちに勝手に登記されることがないように)。
ただ上記のような方法をとれば、印鑑を偽造する必要はないはず。
知恵をつけた専門家の匂いがしますね。

いずれにせよ、会社の登記、不動産の登記、どちらも司法書士が関与している可能性はあるでしょうから、(特に不動産の登記は関与している可能性は高い)その案件を担当された司法書士は今ドキドキでしょうね。
きちんと確認をされたのでしょうか。

怖い怖い...


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック