過払い利息返還請求:信用情報から削除、金融庁方針 業者「リスク判断に支障」

過払い利息返還請求:信用情報から削除、金融庁方針 業者「リスク判断に支障」(毎日jp)

貸金業界からは「過払い利息返還請求の履歴がある人は返済できないリスクが高い。削除すると正確な与信判断ができない」と反発しているが、金融庁は「信用情報とは支払い能力に関する情報であり、返還請求の有無は信用情報にはあたらない」として、JICCに履歴の登録、提供の停止をさせることを決めた。


実務の現場でもずーっと危惧されている問題ではありますが、難しい問題な気がしています。
確かに返済できないリスクの問題はあると思いますが、完済した後の過払い金の請求も実際多数あるわけですし。
とはいえ明確に所轄官庁より声明が出ると現場で利用者へ説明をする側の人間としては宙ぶらりんより嬉しいですね。



(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック