民法「300日規定」は合憲 賠償請求退ける…岡山地裁

民法「300日規定」は合憲 賠償請求退ける…岡山地裁(読売新聞)

岡山地裁であった。古賀輝郎裁判長は「300日規定は不合理とはいえない」などとして、女性の請求を棄却した。

なお、
その後、09年2月に現夫との親子関係が認められ、現在は子の戸籍は作成されている。

民法第772条第2項(嫡出の推定)の問題ですね、憲法違反ではないと。

憲法違反といえば、先頃の『一票の格差の違憲判断』が新しいですね。
提訴90日…原告「歴史的、すさまじい判決」 一票の格差違憲判断(産経ニュース)



(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック