会社乗っ取り企てた司法書士ら逮捕 法務局に嘘の役員変更登記申請容疑

会社乗っ取り企てた司法書士ら逮捕 法務局に嘘の役員変更登記申請容疑(産経ニュース)


同署の調べによると、加藤容疑者らは渋谷区の化粧品製造販売会社の資産を奪うことを計画。昨年12月、同社の役員4人が辞任した旨の辞任届や、臨時株主総会で神奈川県相模原市富士見、司法書士、桜山仙次郎容疑者(72)らの新役員就任が承認されたとする議事録などを偽造し、法務局に提出するなどした疑いが持たれている。

これまた大変な事件ですね。
同署によると、同社はすぐに乗っ取りに気付いたことから実害はなかった。加藤容疑者は役員の1人から融資を受けていたが、最近は資金繰りに困っていたという。

発見は法務局からの確認の連絡でもあったのでしょうか?
(「役員全員の解任を内容とする登記申請があった場合の取扱いについて」(平成15年5月6日付け民商第1405号民事局商事課長通知) あり)


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック