調停調書偽造の疑いで女を逮捕 大阪地検特捜部

調停調書偽造の疑いで女を逮捕 大阪地検特捜部(asahi.com)


銀行から5700万円が自らに支払われるとした民事調停が大阪地裁で成立したように装った偽の調書をつくり、借入先の知人に示したとして、大阪地検特捜部は24日、無職石本千衣子(ちいこ)容疑者(59)=大阪市生野区=を有印公文書偽造・同行使の疑いで逮捕した。石本容疑者は「知人から借金返済を迫られ、金が入るあてがあるように装った」と容疑を認めているという。

最近この手の事件が増えているような気がします。
公的機関(裁判所も含め)から出されている(ような)書面は確認しなくても信用してしまうパワーがありますから我々のような職業であっても騙されてしまうかもです。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック