賃貸マンション更新料京で問い合わせ相次ぐ

賃貸マンション更新料京で問い合わせ相次ぐ(京都新聞)

京都市の市民生活センターに寄せられた相談は、7月23日の京都地裁判決までの月平均が5件前後だったのに対し、その後の約1カ月は18件と急増し、8月27日の大阪高裁判決翌日には4件の相談があった。京都府消費生活安全センターは月2件程度だったのが、地裁判決後の約1カ月は7件になったという。

周囲の司法書士でもお客様からの問い合わせにどう返答するかで話し合っています。
しばらくは高裁判決のその後も含めて流れを見ていくしかないとは思います。現状では。


(では)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック