一般社団法人の活用

本日(平成21年9月18日付)の官報に、
登録実施機関の登録について(関東運輸局)が掲載されています。(インターネット官報のリンクは30日間のみ)

タクシー運転者の登録業務や運転者証の交付といった業務を行うための登録のようです。
どこに注目したかというと、登録された機関の名称が『一般財団法人神奈川タクシーセンター』だったからです。

別の記事によりますと、
タクシーのサービス向上などを目指し「神奈川タクシーセンター」設立へ(カナロコ))
一般財団法人として設立予定で、県タクシー協会と県個人タクシー協会はすでに(8月)13日に設立定款認証を申請。認可され次第、発足する。優良運転者の表彰制度や法人事業者の評価制度のほか「優良な運転者だけが客待ちできる『優良タクシー乗り場』の設置を検討していきたい」(県タクシー協会)としている。(原文には8月の記載なし)

設立間もない一般社団法人のようですね。
この法人以外はどんな法人形態が登録されているのかを見てみようと国土交通省、運輸局など探してみましたがたどり着けませんでした。
とはいえ一般社団法人が許認可・登録など受けることができる前例が増えるのは、一般社団法人の活用に大きな後押しとなるので今後も注目です。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック