コンビニ強盗の男に懲役3年6月 長崎地裁「計画性高く危険、悪質」

コンビニ強盗の男に懲役3年6月 長崎地裁「計画性高く危険、悪質」(長崎新聞)

長崎地裁での裁判についての記事で、裁判官の発言の記載が

松尾裁判官は、田中被告が女性に金品を貢いで生活苦になった末に知人に貸していた金の返済を求めるため、司法書士の費用を得ようと犯行に及んだとして「動機はあまりに短絡的」と批判。「マスクで顔を隠し、用意した包丁を店員に突き付け、脅迫するなど計画性が高く危険で、非常に悪質」と述べた。

どれだけ高額な費用を請求していたんでしょうか、その司法書士は...


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック