殺人など重大犯は時効廃止へ…法務省が最終報告

殺人など重大犯は時効廃止へ…法務省が最終報告(読売新聞)

法務省は17日午前、殺人など人の命を奪う重大な犯罪について、死刑にあたるなど特に重い罪については公訴時効を廃止し、それ以外の罪についても時効期間を延長する方向で見直すべきだとする同省の勉強会の最終報告を発表した。

世界的には時効廃止は主流のようですし、もし自分が被害者の遺族という立場になったらと考えると...
ですね。
ただ解決しなければいけない問題は多いでしょうね。

(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック