行政書士が弁護士活動、報酬目的に百数十件提訴

行政書士が弁護士活動、報酬目的に百数十件提訴(読売新聞)


非弁行為で行政書士が逮捕です。
結構悪質なようです。無資格で過払い金訴訟を提起し報酬 容疑の行政書士を逮捕 警視庁(産経ニュース)

本日司法書士会から届いた資料に、司法書士の労働問題相談会が業法に違反すると法務省にクレームが入っているそうです。ちなみに社会保険労務士と弁護士からだそうです。

私は、隣接業種はきちんと棲み分けができると思っていますので、私のところに相談にみえた方をしばしば知り合いの弁護士にお願いします。もちろん紹介料なんてありません、それでしっかり成り立ってるんです。
確かに司法書士にも一部行き過ぎた部分はあると思いますので、そこについてはしっかりとした線引きをする必要はあるとは思いますが、一番に考えなければいけないのは、利用者の利益です。

資格の上に胡坐をかいていたら淘汰されるのが自然の摂理だと思います、周りにも「時代が悪いだ、不況だ、なんだ」とバブルの時代の華やかな時代を振り返りながら愚痴ばっかり言っている司法書士もおりますが、個人個人が進化するために時間や費用をかけてそれぞれスキルアップしないと、置いてけぼりなだけで、愚痴ってばかりじゃしょうがない。


といいつつも睡魔に勝てないことが多々ありますが...

(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック