LDH:配当総額680億円、堀江元社長には“無配”

LDH:配当総額680億円、堀江元社長には“無配”(毎日jp)

あの旧ライブドアの配当に関するニュースです。1株当たり6500円、総額約680億円の配当案を株主総会で賛成多数で可決したというお話です。
分配可能額の中での手続きでしょうから違法配当でもなく、大盤振る舞いですな。
同社は、今年の3月30日を効力発生日として、資本金及び資本準備金も減少しているようですね。

この記事の中で気になるのは、
ただ、LDHは旧ライブドアの経営陣に対し、事件に伴う損害賠償を請求しており、第2位株主で発行済み株式の約17%を保有する堀江貴文元ライブドア社長には配当金は支払わない方針。

さてこれはどういうことだ...

LDHが上場廃止で6500円の高額配当(日刊スポーツ)
によると
現在も同社の株を約17%保有し、第2位の株主である堀江貴文元社長については「民事訴訟で争っているため」として、配当しないという


はたしてこれは株主平等の原則からいって大丈夫なの?
取り上げられ方からいって、堀江氏の所有する株式が剰余金に関して特別に定めのある種類株式でもなさそうですし、これは今後どうなるか興味ありますね。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック