グレーは黒か?

再生中のクレディア・フロックスの親会社であるネオラインキャピタル株式会社から「全国青年司法書士協議会並びに静岡青年司法書士協議会への要望事項並びに質問事項について」が6月19日付でHPに公開されています。
http://neolinecapital.jp/


内容は、ざーっと見てみたものの何が目的なのかよくわかりませんが、過払い・債務整理業務を原則的に取り扱っていない司法書士としての私見ですが、どうこう言う前に、過払いがある顧客にその旨を通知すれば、その方の生活はもっと楽になるのではないかなと思います。

確かに一部の司法書士の報酬の取り方には同意できないところもありますが、よその話をする前にまず自分にできることをすればよいのでは。「まずは自分から」、それがモラルの向上につながると思いますが。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック