マイホーム競売が急増、「ボーナス払い」が契機となる恐れ

マイホーム競売が急増、「ボーナス払い」が契機となる恐れ(産経ニュース)


住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が平成20年度に競売にかけた住宅は、前年度よりも35%多い1万6577件と平成14年度以降で最多となったそうです。
この6,7月はボーナス月のため、支払いに困窮する人が増える予想です。
とりあえずは、たとえダメもとでも金融機関に相談してみましょう。

確かに決済の現場でも、自宅を売却して、賃貸へと移行するケースが以前より増えている気がします。


(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック