昭和39年法律第18号附則第4項により

不動産登記事項証明書の【権利部(甲区)】(所有権に関する事項)の【登記の目的】の欄に「所有権登記」、【権利者その他の事項】の欄にタイトル記載の「昭和39年法律第18号附則第4項により昭和○○年○月○日登記」との記載で登記の受付番号等の記載はなし。

なんだこれ?

最初に見たときの感想です。
初めてみました。

「昭和39年法律第18号附則第4項」の条文にあたってみたもののいまいち何を言っているのか的を得ず、コンピューター化による移記閉鎖、そしてその前の閉鎖謄本と取得したものの...
法務局との相談で準備すべき登記済権利証の受付番号等の確認はできたものの...
ヒトに説明することができる状態ではありません。

調べた後にまたご報告いたします。
yahoo知恵袋にも取り上げているところがあるんですが、だから?といった感じです。分かりやすくお教えくださる方がいらっしゃれば、ぜひご連絡ください。]

(では)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック