一般社団法人の設立時社員 2

11/19にブログに載せました、「一般社団法人の設立時社員」についてです。

みうらさんよりメッセージをいただきました。ありがとうございます。

会社法務の権威K先生へ質問してみたところ、

「「権利能力なき社団」とは、講学上用いられている権利能力なき社団(法人格を有しない社団)そのものです。
なお、定款の認証に際しては、①代表者の証明付「規約」、②規約に定める方法に従って代表者が選任されたことを証する書面及び署名者の印鑑証明書及び③代表者の印鑑証明書が最低限必要になると考えます。」

との回答をいただきました。(一部省略あり)
こなってくると、定款認証実務の問題なので、公証役場と協議してみるしかないですね。
12/1に麹町公証役場に一般社団法人の定款認証の嘱託にいきますので、その時にまた相談してみます。

公証役場も12月1日にどのくらいの電子定款認証案件があるのか想像できないようで、「できたら紙定款でお願いできますか?」また、「念のため紙定款での嘱託の準備もお願いできますか」と2人の公証人からご連絡をいただきました。

一般社団法人の定款には、印紙税4万円が不要なので、株式会社の定款認証に比べるとほとんどメリットはないのですが、電子定款だとオンライン申請時に添付できるので、定款を郵送で送る必要がなく、返送してもらう郵券代がかからないんですよね。


では

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック